時給ベースで働きたい薬剤師の求人の探し方や時給の上げ方

薬剤師として働いていくときには時給ベースで働きたい人もいるでしょう。関連資料...薬剤師求人|アポプラスステーション

正社員として雇用されると月給ベースになるのが一般的ですが、パートやアルバイトの場合には時給で給料が決まるのが通例です。このような働き方をするときに時給を高くするにはどうしたら良いのでしょうか。求人の選び方や時給の上げ方のコツを紹介します。

→理想的な条件の大学病院の薬剤師求人を探すにはどうすれば良いか

時給の水準を上げるには働き方の選定がまず大切

薬剤師が時給ベースで働くときにはどのような働き方にするかを決めるのが最も重要です。時給は働き方によって水準がかなり異なっているので、もともと時給が高い働き方をするのが肝心です。パートやアルバイトが時給ベースで働く方法として唯一の選択肢ではないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、派遣社員として働くのももう一つの選択肢として挙げられるので比較しておきましょう。時給の水準はパートやアルバイトに比べると派遣の方がかなり高くなっています。調剤薬局で働くケースを例にとると、パートでは1500円~2200円くらいが相場になっていますが、派遣社員の場合には1800円~3000円くらいが相場です。

このような違いを考えると派遣社員を選んだ方が良いと考えるかもしれませんが、パートやアルバイトとは雇用形態が異なるので注意しなければなりません。派遣社員は派遣会社に所属するのに対して、パートやアルバイトは勤務先に雇用してもらえます。

現場での周囲からの目線や割り当てられる業務などに違いが生じることもあるでしょう。また、受けられる福利厚生が異なっている、勤務を続けられる期間が違うといった点も考慮することが必要です。このような性質の違いに時給水準の差を加味して、どちらの方が自分に合っているかを考えましょう。

パートやアルバイトの場合の時給の決まり方

パートやアルバイトと派遣社員では時給の決まり方が違うというのにも留意しておきましょう。その違いがわかるとどちらの方が時給を上げやすいかが見えてきます。パートやアルバイトの場合には雇用主によって定期的に評価が行われて、昇給基準を満たしていると時給が上がるというのが基本です。

評価は年に一回程度のことが多く、そのときに面接をすることもあります。薬剤師の場合には職場によって評価の仕方にもかなりの差があり、調剤薬局では処理した処方箋枚数が数字でわかりやすいのでよく用いられています。

調剤のないドラッグストアでは出勤の総時間や人数が少ない時間帯の勤務時間などが評価対象となるのが典型的です。共通しているのは勤務先の経営方針に基づき、どのような薬剤師の働きぶりを高く評価すべきかを考えて定式化していることです。

つまり、勤務先によってどういう方針を立てているかが違い、特にパートやアルバイトに対して大きく要求していることがない場合には勤続年数で自動的に決まることすらあります。基本的にはパートやアルバイトの薬剤師をどのくらい重宝し、何を要求したいと考えていて、それにどのくらい応じることができたかによって時給が上がるかどうかが決まると考えましょう。

派遣社員の場合の時給の決まり方

派遣社員の場合には時給を決定しているのが勤務先ではありません。あくまで薬剤師が雇用契約をしているのは派遣会社なので、給料については派遣会社との契約によって決まる仕組みになっています。その金額は派遣先を決めるときには変更されるのが一般的です。

これは雇用先と派遣会社との間で時給いくらで雇用するのかが決定される形式になっているからです。それに基づいて雇用先が派遣会社にいくら支払うかが決まるので、二社間での契約が成立する時点では時給が決まっています。

派遣社員の場合には担当者の評価によって時給が決まるのが一般的です。求人の紹介をしてくれる担当者がどのように評価しているかによって、派遣を依頼した会社にいくらの時給でオファーするかが異なります。基本的には薬剤師と担当者の間でいくらの時給で働くのかを予め決めておいて、その希望に合った形で依頼主にオファーをするかどうかを決めているのが通例です。

そのため、派遣先で高い評価を受けるのは直接的には時給の決定に直結しません。派遣会社の担当者から魅力的な人材だと考えてもらえるようにすると時給が上がるということを念頭に置いておきましょう。

パートやアルバイトで時給を上げるためのコツ

パートやアルバイトの場合には、時給を上げるためにいかにして勤務先に高い評価を受けられるようにするか、ということが大切です。施設によってパートやアルバイトに何を任せたいと考えているかは異なります。それによって評価基準も違うので、何をすれば給料が上がりやすくなるかが違うという点には気を付けましょう。

勤務先によっては評価基準を明確にして公開していますが、基準の公開はあまり一般的ではありません。現場で他の人と話をしてみてどういうタイミングで昇給があったかを聞いてみるのは良い方法でしょう。これからパートやアルバイトとして働き始める場合には、雇用契約をする段階で納得できる基準になっているかを質問して確認してみるのも良い方法です。

派遣社員が時給を上げるためのコツ

派遣社員が時給を上げるためには派遣会社からの評価を高めることが必要です。派遣期間中や期間終了後に派遣先からのフィードバックを受けて派遣会社で派遣社員の評価をするのが一般的になっています。そのため、間接的には派遣先で高い評価を受けることが時給を上げるのにつながると考えることが可能です。

ただ、高い評価を受けていても次の派遣先にとって魅力になるポイントかどうかは異なるので、必ずしも次の派遣先で時給が上がるとは限りません。

重要なのは次にどんな仕事をしたいかを考えて、その仕事をする上で能力があると派遣会社の担当者が一押しできるような成果を上げることです。あるいは関連する資格を取得するといったことでも時給が上がることがあります。

特に今まで経験していない仕事に従事したいときには資格の取得を検討してみるのが良い方法でしょう。

時給が決まる仕組みに基づいて工夫をしよう

薬剤師はもともと時給水準が高いのは確かですが、パートやアルバイトに比べると派遣社員の方が時給が高めです。こだわりがなければ派遣社員を選んだ方が稼ぎやすくなります。時給の決まり方はパートやアルバイトか派遣社員かによって違います。

時給が決まる仕組みに基づいて適切な工夫をしていき、うまく稼げるようになることを目指しましょう。