理想的な条件の大学病院の薬剤師求人を探すにはどうすれば良いか

大学病院は、学歴や経歴、スキルに自信がある薬剤師にとって魅力のある職場の一つとして位置づけられています。大学病院内の薬剤師の業務内容や役割は、それぞれの病院の診療方針や患者の数、人員配置などに大きく左右されます。

そこで、早い段階から院内見学をしたり、就職セミナーに参加したりするなどして、無理なく働けそうな職場を選択することが大切です。

薬剤師の教育制度がしっかりとしている大学病院を見つけよう

大学病院をはじめとする高度な医療を使う現場で薬剤師として活躍したい場合には、教育制度がしっかりとしているところを就職先に選ぶことがとても大切です。薬剤師の免許を取得したばかりの新人の教育に力を注いでいる大学病院の中には、実際の業務に見合った教育プログラムを作成したり、面倒見の良い先輩の薬剤師によるサポートを強化したりしているところが目立ちます。

また、人員配置に余裕がある大学病院においては、少人数やマンツーマンでの研修が実施されることもあるため、スムーズにスキルアップを図りたい人は、じっくりと各病院の研修の良し悪しを判断することがおすすめです。

最近では、実際に院内で行われている研修の画像や動画などを求職中の薬剤師に向けてホームページで公開をしている大学病院もあります。そこで、職場選びに悩んでいる場合には、就職活動の合間を縫って、ネット上でいくつかの大学病院の研修の特徴を把握してみましょう。

なお、薬剤師を対象に行われる研修については、医療現場で働いたことがない人にとって分かりづらいこともあるため、採用試験に応募をする前に採用担当者に具体的な教育のポイントについて話を聞いてみるのも良いでしょう。

医療現場でのキャリアが豊富な人はエージェントの利用も検討しよう

医療現場のキャリアが豊富な薬剤師は、大学病院の病棟や調剤薬局など様々な現場で活躍できるチャンスがあります。そのため、自分のスキルや経験を大学病院で生かしたい場合には、医療分野の就職サポートに定評があるエージェントにお世話になるのもおすすめです。

エージェントによってはベテランのみが応募可能な大学病院の非公開求人を扱っているところや、専属のアドバイザーが書類選考から面接まできちんとフォローしてくれるところもあります。そうした中、理想的なエージェントを見つけるうえで、実際に薬剤師の転職を成功させた人の体験談を参考にしたり、各地で内定実績が良いエージェントのサポートの内容を調べたりすることが大切です。

また、大学病院内で必要とされる薬剤師のスキルを確認するうえで、エージェントを通じて求人を募集している大学病院にコンタクトを取るのも良いでしょう。その他、エージェントに求職登録をしてから内定が得られるまでに掛かる期間は、人それぞれの年齢や経験によって大きく異なります。

そのため、就職活動に悩まないために、なるべく早いうちから選考の準備を始めるのはもちろんのこと、相性が良いエージェントの担当者に何でも相談をしてみることが大事です。

→時給ベースで働きたい薬剤師の求人の探し方や時給の上げ方

大学病院の就職セミナーや相談会に参加しよう

薬剤師の人材獲得に積極的な大学病院の中には、新卒者や中途採用者の試験の実施前に就職セミナーや相談会を開いているところが少なくありません。そうした中、実際の大学病院の薬剤師の業務内容や待遇について詳しく知りたい時には、余裕を持って各地で評判が良い大学病院のイベントの情報をキャッチすることがおすすめです。

また、人気の高い大学病院のイベントは、すぐに定員が上限に達してしまったり、応募が締め切られたりすることもあるため、スムーズに手続きを取ることが肝心です。たとえば、大学病院の一般病棟だけでなく、救急病棟や手術室、ICUなどの専属の薬剤師として働きたい人は、高度なスキルや経験が求められることがあります。

そこで、就職をしてから不安なく業務をこなすうえで、選考を受ける前に各地の病院の責任者や人事担当者に相談をすることが大切です。なお、実際に大学病院で働く薬剤師の様子を確認したい場合には、一年を通じて院内の見学を歓迎している大学病院を探してみましょう。

医療従事者を対象とした求人をメインに扱うサイトやアプリを活用しよう

大学病院の薬剤師の求人選びを効率良く行うには、医療従事者を対象とした求人をメインに扱うサイトやアプリに会員登録をして、希望の勤務地の周辺にある病院の求人情報をリアルタイムでチェックするという方法もあります。

大手の人材紹介会社が運営しているサイトやアプリの中には、登録したプロフィールに応じて大学病院の求人を紹介してくれたり、選考を受ける前に適性診断ができたりするものもあります。

そのため、多くの薬剤師の有資格者に評価されているサイトやアプリを把握して、自分の希望に合うものを見極めることがおすすめです。また、大学病院に勤めたことがない人や、医療現場での経験が少ない人は、未経験者や新卒者、第二新卒者などを対象とした求人数が多いツールを優先的に選ぶと良いでしょう。

大学病院に勤めている先輩や友人に職場を紹介してもらおう

大学病院の中には、中途採用の試験を実施しないところや、大々的に求人募集を行わないところも少なくありません。こうした病院に就職をしたい場合には、転職サイトやエージェントを頼るのではなく、実際に大学病院に勤めている学生時代の先輩や友人などに職場を紹介してもらうのがおすすめです。

また、身近なところに就職の相談をする人がいない場合には、SNSを利用して同年代の薬剤師とコンタクトを取ったり、研修会やセミナーに参加をしたりして人脈づくりをするのも良いでしょう。求職中の薬剤師を対象とした研修会やセミナーにおいては、大学病院の薬剤師の仕事内容や、必要とされるキャリアやスキルについて学べることもあるため、積極的に人気のあるイベントの参加方法を把握しておきましょう。

その他、最小限のスタッフで業務をこなしている大学病院においては、一人ひとりの薬剤師の業務量が多くなったり、日々の業務と新人教育を同時並行で行ったりすることがあります。そこで、機会があれば、各地の大学病院で長く勤めている人に仕事のやりがいや大変さ、難しさなどを尋ねてみましょう。

大学病院の薬剤師の求人探しのコツ

大学病院の薬剤師の求人探しをするにあたり、自分のキャリアやスキルを考慮しながら、転職サイトやエージェントを利用したり、気になる医療現場の見学をしたりすることが大切です。また、スムーズに職場を決めたい時には、実際に大学病院で働いている人に職場を紹介してもらうのはもちろん、薬剤師の仕事に関係するセミナーや研修会などに参加するのも良いでしょう。